腰痛の治療、改善 | 東京都世田谷区千歳烏山の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック

千歳烏山整体院

腰痛

背骨の調整、筋肉の緊張の緩和、姿勢の改善などを行う

マッサージでの腰痛治療鍼灸での腰痛治療

腰痛は、約1000万人の方が悩まされている日本でも最もポピュラーな疾患です。最近では若い方からお年寄りの方まで幅広くみられるようになりました。一口に腰痛と言っても、さまざまで、「安静時に痛む」、「動いている時に痛む」、「何をしていてもズキズキ痛む」などがあります。なぜ腰痛がおこるのでしょうか?

腰痛はなぜ起こるの?

腰の筋肉が疲労して腰の痛みを起こし始めます

腰痛腰椎の周りに筋肉があります。このうち大まかに脊柱起立筋・腰方形筋・腸腰筋が重なるように骨盤、もしくは大腿の骨にくっついているのです。
人が立っている、または座っている時にはこれらの筋肉が微妙なバランスをとりあって上半身を支えています。もちろん本人は意識しません。 意識をするときは前に曲げよう、後ろに反らそう、などの時です。
そして筋疲労や姿勢不良によりバランスをとる事が出来ない状態になると腰痛が起こってしまうのです。

筋肉の疲労はどうして起こるのでしょうか?

同じ姿勢で立ち続けたりすると、常に体を支えるために腰筋肉に力が入ります。
この状態を長時間続けると、腰の筋肉が疲労して腰の痛みを起こし始めるのです。

腰痛の原因と治療方法

原因は姿勢の悪さからくるものが大半

腰痛一言で腰痛と言っても、その症状や原因はさまざまです。腰痛の主な原因は姿勢の悪さからくるものが大半なのです、長時間の座り仕事、運転、立ち作業などで腰に負担をかけてしまい血流が悪くなり筋肉が過緊張してしまいます。
腰椎の周りに筋肉があります。このうち大まかに脊柱起立筋・腰方形筋・腸腰筋が重なるように骨盤、もしくは大腿の骨にくっついているのです。 これらの筋肉がバランスをとる事が出来ない状態になると腰痛が起こるのです。

腰痛は、大きく3つに分類することができます。

  • 腰にかかる負担が腰の強度を上回ってしまうと起きるもの
    (椎間関節性・筋筋膜性)
  • 腰そのものに異常があるために起きるもの
    (椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症)
  • 腰以外に原因がある場合から起きるもの

椎間関節性・筋筋膜性

血行が悪くなり、疲労した筋肉は硬くなる

疲労した筋肉は硬くなり血行が悪くなります。血液には栄養を運んでくる役割と老廃物や疲労物質を流してくれる働きをしています。
ですから血行が悪くなると筋肉への栄養供給が滞りより一層硬く固まります。筋肉が硬いと、何気ない日常に動作の時に筋繊維が切れてしまい、急性の腰痛を起こしやすくなるのです。

また、疲労物質が蓄積するとそれらの物質は何処にも逃げ場がなくなり血管の外まで広がります。すると近くに存在する神経を刺激し悪さをし、これが鈍い痛みの原因となるのです。
硬くなった筋肉は筋を覆っている筋膜との癒着を強め、椎間関節の動きを悪くし、さらに鈍痛を引き起こしてしまいます。

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症

足の痺れや痛みをともなう腰痛

椎間板ヘルニアは、中腰での作業を長い期間行う事、腰をゴルフ等で突発的に捻る事、椎間板とよばれるクッションの老化により、椎間板に過度な負荷を掛け、髄核が飛び出した状態のことを指します。
その飛び出た髄核が神経に触れることにより足の痺れや痛み、冷感、腰痛を引き起こしてしまうのです。

脊柱管狭窄症は、年を重ねることで背骨の中を神経が通る管(脊柱管)の変形、軟部組織の肥厚などにより、脊柱管が狭窄し神経を圧迫してしまいます。
足の痺れや痛み、長時間の歩行ができない(間欠性跛行)腰痛をきたします。

ストレス(心因性)による腰痛

精神的な外傷やショック・仕事場や家庭でのストレスが原因

腰痛には、慢性的に腰の痛みを訴えながら原因不明とされているケースの方がいます。
その大部分は、心因性腰痛が多いようです。慢性腰痛を訴える方の、およそ8割が抑うつ状態と診られるとも言われています。

一つの理由としては痛みを長く我慢していることで、気分が落ち込みやがて不安が強くなります。これにより不眠や抑うつ気分に襲われることがあるのです。
人は、6か月以上続く痛みを我慢すると、35~50%の方がうつ病にかかっていると報告されており、
精神的な外傷やショック・仕事場や家庭での過度なストレスなど心の問題が大きく関係していると思われます。

こういう方には、無理をしない適度な運動が効果的でしょう。 ストレスにより脳や身体は血流不足になります。
軽いストレッチやウォーキングをして血流を良くすることで気持ちをリフレッシュすることが大切です。

内臓疾患による腰痛

命に関わる疾患もあります

内臓疾患で起きる腰痛は癌をはじめ、命に関わる疾患もあります。
特徴としては、「整形外科等で治療をしても良くならない。」「骨盤や姿勢を矯正しても改善されない。」「安静にしているのに痛みが増してくる。」などあります。
不良姿勢や筋肉の損傷が原因の腰痛の場合、横になるなど姿勢を変えることでたいてい痛みが和らぎます。

腰痛治療

整形外科では、腰痛の原因を診断後、軽症の腰痛には物理療法(牽引・温熱・電気・マイクロ・ホットパック・ SSP )など、痛みのやや強い腰痛の治療には、神経ブロック注射なども、夜も眠れない・激しい痛みで日常生活を送れないそんな激痛の伴う腰痛の治療には、原因疾患(椎間板ヘルニア・腰椎分離・すべり症)の手術が行われることも。
整骨院での坐骨神経症の治療は整形外科で行なわれる腰痛の治療の物理療法とほぼ同じケースが多いようです。

腰痛治療

当院では、骨盤や背骨のバランスを整えることで神経の活動を正常にし、人間のもつ自然治癒力を活性させ症状の緩和をはかります。

当院独自のオーダーメイド治療

当院では、マッサージ、整骨、鍼灸、カイロプラクティックを組み合わせた全身治療を推奨しておりますが、患者様の症状に合う最適な治療法相談しながらご提案していきます。


千歳烏山治療院 TEL.03-5969-8777

PageTop




東京都世田谷区千歳烏山の整体院 | 千歳烏山整体院

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ