千歳烏山治療院 | 東京都世田谷区千歳烏山の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック

千歳烏山治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5969-8777
  • 東京都世田谷区南烏山5-15-10
  • サイトマップ

自律神経失調症

何気ない不調も身体からのさいんです

自律神経とは、心臓を動かしたり汗をかいたり、自分ではコントロールできない自動的に働く神経のことです。

自律神経は活動する時に使われる「交感神経」と、休む時に使われる「副交感神経」の二つに分類され、必要に応じて自動的に切りかわって働くようになっています。

その自律神経のバランスが崩れた場合に起こる症状の総称のことを『自律神経失調症』といいます。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症治療イメージ

  • めまい、ふらつき、立ちくらみ
  • 動悸・息切れ
  • 微熱・発汗・冷汗
  • 全身倦怠感
  • 頭痛、頭重感、頭ののぼせ
  • 耳鳴り
  • 不眠
  • 食欲不振
  • 月経不順
  • 過呼吸

心理的症状

自律神経失調症治療イメージ

  • 不安感
  • イライラ
  • 緊張
  • 過敏
  • 抑うつ気分

自律神経失調症の原因

この病気の原因としては、

  • 体質的に自律神経系が不安定
  • ストレス・過労がたまっている
  • 不眠などで生活リズムが不規則
  • 女性で性ホルモンの周期が不規則(更年期など)

東洋医学的な自律神経失調症の治療

気長に少しずつ体質を改善していきます

自律神経失調症治療イメージ

まず、全身のバランスを整えるツボを選び治療していきます。

身体のバランスが整えば、自然に疲労感や局所の痛みが取れるという東洋医学的な考えからです。

その他にも、不眠には不眠に効果的なツボ、イライラには気持ちが落ち着くツボ、と諸症状に合ったツボを選び、合わせて治療をしていきます。

自律神経失調症治療イメージ

一度の施術ですべての諸症状を改善させるというよりは、気長に少しずつ体質を改善していくような施術になります。

自律神経治療には、メンタル鍼灸治療

自律神経失調症に良いとされる食べ物

ビタミンB群(豚肉の赤身、ほうれん草、あさり・シジミのお味噌汁)

自律神経失調症治療イメージ

ビタミンBは、神経の働きを正常に保つ働きがありますが、強いストレスが続くと急激に消費されますので、たっぷり摂るようにして下さい。また水に溶けやすい栄養素なので、お味噌汁にすると上手に摂取できます。

ビタミンC(アセロラのジュース、苺、柿)

ストレスが加わると、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンを分泌して全身の抵抗力を高めます。この合成に欠かせないのがビタミンCです。普段からビタミンCをたっぷり摂ることが、ストレス対策になります。

自律神経失調症治療イメージ

ビタミンA(レバー、うなぎ、人参)

自律神経失調症自律神経をコントロールし、症状を緩和させる効果があります。

ビタミンE(アーモンド、いくら・たらこ、青魚)

自律神経をコントロールし、症状を緩和させる効果があります。

カルシウム(牛乳、チーズ、小魚)

イライラを鎮め、不眠解消の効果があります。

患者様からの質問

頭痛、胃腸障害、息切れに困る

自律神経失調症治療イメージ

自律神経失調症治療イメージ

約一年前から全身がだるく、手足が冷えたり頭痛や立ちくらみを起こす事が多くなってきました。当初は、そうした状態の上に食欲が減退し、胃腸障害のような感じのような吐き気や嘔吐が続いたため、内科を訪れ腹部X線や尿検査、内視鏡などで原因を調べていただいたのですが、結果的に異常は見つかりませんでした。
その後、しばらくして胃腸の不快感も治まりかけたころ、今度は突然胸が痛くなり、動悸や息切れがしたり体がなんとなく空中に浮くような感覚に襲われました。循環器病院で心電図やエコーを使った検査も受けましたが特に異常はないとのことです。現在もこうした症状が入れ代わり立ち代り続いており、自分でもどうしてよいのかわからず本当に困っています。健康法や食事面などで何か良い改善方法はないでしょうか?また、治療してくださる病院などがあれば教えてください。

(千葉県 M・K 53歳 主婦)

たんぱく質、鉄分、カルシウム、ビタミン不足に注意

自律神経失調症治療イメージ

この方の特徴は、まず症状が多いこと。そして消化器系の調子が悪くなった次は循環器系に変調が起こると言う具合に一定せず移動を繰り返すという点と、さらにそれらに対して検査を行っても特に異常が発見されないことです。異常の事柄から判断すると自律神経失調症であり、年齢から考慮すれば、やはり更年期障害ということになります。 女性の場合、特に閉経前後の数年間は性ホルモンをはじめ、内分泌機能が不安定で、こうしたバランスの崩れが自律神経系に悪影響を及ぼした結果、倦怠感や頭重感、胃炎などさまざまな不快症状を引き起こすわけです。

中医学(中国医学)では、このような症状に対して常に心身全体の不調和を改善する事を主眼とした治療を進めていきます。その中でも特に全身を流れている「気・血・水」におけるバランス調整が重要なのです。養生法としては特に食生活に配慮し、たんぱく質や鉄分、カルシウム、ビタミンB・Cなどが不足しないように食材を選択すると共に三食規則正しく、よくかんでゆっくりとる。一番大切なことは楽しく食事する工夫と実行です。日常生活では身体的なリズムを整え、その日の疲れ、ストレスは翌日に残さないように入浴、音楽などで心身をリラックスさせ十分な睡眠をとること。

針灸治療では「闕陰兪」「心兪」「ダン中」などのツボを各病症に応じて使用しますが、不眠やイライラが激しいときは「神門」「少衝」のツボも有効です。

自律神経失調症治療イメージ

自律神経治療には、メンタル鍼灸治療

料金

メンタル鍼灸治療
(自律神経治療)
7,020円 使い捨て鍼代含む
初診 問診料1,620

当院独自のオーダーメイド治療

当院では、マッサージ、整骨、鍼灸、カイロプラクティックを組み合わせた全身治療を推奨しておりますが、患者様の症状に合う最適な治療法相談しながらご提案していきます。

オーダーメイド治療
TOPへ戻る