千歳烏山治療院 | 東京都世田谷区千歳烏山の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック

千歳烏山治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5969-8777
  • 東京都世田谷区南烏山5-15-10
  • サイトマップ

更年期障害

ホルモンバランスを整えて、
充実した毎日を過ごしましょう。

うつ病治療イメージ

女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて停止し、女性ホルモンが欠乏した状態で体が安定するまでの時期を指します。

具体的には、閉経を挟んでその前後10年ぐらいの期間を指しています。

日本女性の平均的な閉経年齢は51歳ぐらいなので、40代半ばから50代半ばまでの期間が更年期にあたります。

しかし、これには個人差も大きく、人によっては30代後半から卵巣の機能が衰えはじめ、更年期障害のような症状になる人もいます。

更年期治療イメージ

更年期障害とは

更年期になると、それまで卵巣から分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの量が徐々に減少してきます。これだけでも、体のホルモンバランスは変化しています。

さらに卵巣から十分にホルモンが分泌されないにもかかわらず、脳下垂体からは性腺刺激ホルモンが分泌され、女性ホルモンのバランスが乱れます。

そうなると、自律神経の働きや情動まで影響を受け、様々な症状が襲ってきます。これが更年期障害です。

更年期治療イメージ

日本人女性全体の75%が発症

日本人女性全体の75%に、更年期障害の症状が出ると言われています。

また「人為的閉経(医原的閉経)」は、手術などで両側卵巣を切除することによって起こる閉経で、急激にホルモンのバランスが変化する為、こちらのケースの方が重い症状が出ると言われています。

更年期治療イメージ

  • 顔がほてる
  • 汗をかきやすい
  • 腰が冷えやすい

更年期治療イメージ

  • 息切れ、動悸がする
  • 寝付きが悪い、眠りが浅い
  • 怒りやすく、イライラする

更年期治療イメージ

  • くよくよしたり、憂鬱になる
  • 疲れやすい
  • 頭痛、めまい、吐き気がよくある

東洋医学的な更年期障害の治療

まず、全身のバランスを整えるツボを選び治療していきます。

更年期治療イメージ

全身のバランスが整えば、自然に疲労感や局所の痛みが取れるという東洋医学的な考えからです。

また、東洋医学では、女性の自律神経失調症に似た状態で、月経やホルモンの異常に関連して起こる諸症状を「血の道症」と言っています。

血の道症は、体の内側を流れる「気」と「血」がとどこおるために引き起こされる症状だと言われています。

更年期治療イメージ

「脾は血を調整する。肝は血を作り出し、気を伸びやかにする。」

という東洋医学の考えから、脾経と肝経と呼ばれる経絡(気の流れ)の中からツボを選び治療を行うのも効果的です。

その他にも、頭痛には頭痛に効果的なツボ、冷え症には冷え症に効果的なツボと諸症状に合ったツボを選び、合わせて治療をしていきます。

更年期治療イメージ

一度の施術ですべての諸症状を改善させるというよりは、気長に少しずつ体質を改善していくような施術になります。

更年期障害の治療は メンタル鍼灸治療

日常生活で気を付ける事

日常生活で特にに気を付ける事は食生活や日常習慣を改善することです。

食生活や日常習慣に気を使う事で、更年期障害の症状は充分軽減できます。

以下の事に注意して生活をしてみて下さい。

  • バランスの良い食事を心がける
  • 適度な運動をする
  • 充分な睡眠と取る
  • ストレスを溜めない
  • コーヒー、アルコール、喫煙は控えめにする

更年期障害と食生活

更年期の不快な症状を無理せず和らげるには食生活の改善がとても大切です。 「栄養バランスの良い食事を規則正しく食べる」という基本に立ち返ってみましょう。 また、更年期に不足する栄養分を多く含む食品を食べるよう心がけるところから始めましょう。

大豆

大豆の成分のビタミンEには、ホルモンの中枢に作用して、自律神経の働きを調整する作用もあります。それで女性の場合、ホルモンのバランスを整えて更年期障害や生理不順に効果があり、男性の場合は精子の活性化に効果があります。

プルーン

プルーンは血液の血行をよくし、新陳代謝をさかんにすることで、肩こりや低血圧、冷え症などを防ぎ、更年期障害をのりきることができます

セロリ

セロリの成分の一つメニチオンは、肝機能を助ける働きがあるので、セロリを常食すると肝機能が活発になり、同時に女性ホルモンの分泌が活発になりますから、肌の張りやつや、うるおいをもたらせてくれます。また、更年期障害に悩んでいる方も、セロリを常食していると、症状の軽減がみられます。

乳製品

骨粗しょう症を予防するためには乳製品からとるカルシウムが役立ちます。魚や海藻類など他の食品に比べ、乳製品はカルシウムが効率良く吸収できます。

更年期治療イメージ

患者様からの質問

不眠、動悸、息切れなどの更年期障害について

更年期治療イメージ

56歳の主婦です。私の悩みについてお答えいただきたく筆をとりました。
今年に入り不眠、息切れ、肩こり、食欲不振、胃痛(左のわき腹が痛く音がします)で悩んでいます。
CT、検便、心電図、超音波などを総合病院で検査しましたが、特に異常はないと言われました。どうしてなのか自分でも原因が分からず、不安な毎日が続いています。 胃は昔から弱く、近くの開業医で胃薬をもらっています。現在も前述の症状が変わらず弱っています。何が原因なのでしょうか。
何か治療法がありましたらぜひ教えてください。
良きアドバイスをお願いいたします。

(千葉県 Y・K 56歳 主婦)

更年期のメニエール症候群

更年期治療イメージ

今回の症状につきましてまず結果から申しますと、更年期におけるメニエール症候群だと思われます。女性の方が更年期に入りますと女性ホルモンが少なくなり、甲状腺ホルモンがその代用をしていくのですが、このときに体の中では内分泌腺機能が大きく変わってきます。

その結果、自律神経のバランスが崩れてさまざまな症状を引き起こすわけです。 食事療法として野菜やビタミン、高たんぱく質のもの、例えば卵の白身、豆腐、肉など、あと果物をよく摂るようにしてください。

鍼灸治療では「内関」と言うツボを必ず取るようにします。

このツボは、自律神経を安定させる働きがあり、他のツボと連用することで大変効果があがります。 こうして自律神経が安定してきますと精神的にも安定してきて、夜もよく眠れるようになります。 内分泌機能が大きく変わってくる更年期の方々にとって十分な睡眠をとるということは重要なことです。 睡眠がとれるようになると、心臓の働きも安定してきますので、動悸や息切れなども軽快してきます。

この更年期障害というものは、発症年齢や症状に個人差が非常にあります。

メニエール症候群になると現代医学でもなかなか確立されていないようです。 また手紙に胃痛や肩こりもあるといわれていますが、たぶんに神経性のものと考えられますので、不眠などが改善され、精神的に安定してきますとその症状も良くなってくると思われます。

私どもの針灸院ではメニエール症候群など、同じような症状でお悩みの患者さんが多数来院され、一人一人に合った「ツボ」の組み合わせと長年積み重ねた技術によって大きな効果をあげ、皆さんのお役に立たせていただいております。 安心して治療を受けてください。

また、季節の変わる時期には自律神経にも影響が出やすく、東洋医学でいう陰陽のバランスが崩れやすい時期です。 病状が悪化しやすく、アレルギー体質の方には花粉症など、特につらい季節です。

針灸治療で免疫力を高め、予防に努めてください。

<K様・女性>

うつ病治療イメージ

当院独自のオーダーメイド治療

当院では、マッサージ、整骨、鍼灸、カイロプラクティックを組み合わせた全身治療を推奨しておりますが、患者様の症状に合う最適な治療法相談しながらご提案していきます。

オーダーメイド治療
TOPへ戻る