千歳烏山治療院 | 東京都世田谷区千歳烏山の治療院・鍼灸マッサージ・整骨・整体・カイロプラクティック

千歳烏山治療院

  • お電話でのお問い合わせは
  • TEL03-5969-8777
  • 東京都世田谷区南烏山5-15-10
  • サイトマップ

花粉症

体質改善で辛い症状もすっきり!!!

花粉症とは

花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が原因となって、主に目と鼻にアレルギー症状を起こす病気です。花粉症は季節性アレルギー鼻炎とも呼ばれています。

花粉症は花粉が原因で起こるアレルギー性炎症です。主なものは花粉による アレルギー鼻炎とアレルギー性結膜炎で、主に目と鼻に症状が現れますが、咽頭炎、喉頭炎、皮膚炎、花粉喘息などが出る場合もあります。 花粉症は、花粉の飛び散る季節に一致して起こります。最近では、通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む人や、複数の花粉に悩む人も増えており、ほぼ一年中くしゃみ・鼻みず・鼻づまりに悩まされるという人も少なくありません。

花粉症を引き起こす花粉としてはスギ、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギなどが知られています。 現在、日本人の20%が花粉症だと言われています。

花粉症治療イメージ

花粉症のメカニズム

花粉症は、花粉に接触したからといってすぐに発症するわけではありません。花粉に接触するたびに体内に「IgE抗体」が蓄積され、それが、ある水準に達して始めて花粉症発症の準備がととのった状態になります。 体内で作られる抗体は、IgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5種類ありますが、花粉症などアレルギー反応に介在する抗体は「IgE抗体」です。血清中のIgE値が異常に高い人の場合、ほとんどが花粉症・アトピー・喘息等のアレルギー症状を示します。

本来IgE抗体は、腸に侵入した寄生虫からの感染を撃退する役割をもつ抗体です。また本来、鼻粘膜などへの細菌侵入には、IgG抗体がその任にあたっています。鼻粘膜などでIgG抗体が活性化していると、IgE抗体の出番はありません。花粉症において鼻粘膜などでIgE抗体がその任にあたるのは何故でしょう。つまり、鼻粘膜についた異物の処理に、IgE抗体が作られること自体がすでに異常と言うべきです。

なぜIgGではなく、IgEが作られるのか確たる答は出ていませんが、日常生活の無菌化により、IgG抗体の出番がなくなってしまったのが一因と言われています。


東洋医学からみた花粉症

花粉症を含めアレルギー疾患を抱える方全般の傾向として冷え性、胃腸虚弱や月経不順などの体質的な症状を抱えていることが多くあります。

東洋医学ではこのような体質を「虚証」と呼んでいます。花粉症特有の症状を抑えながら、この虚証を改善する治療を行うことでアレルギー症状を起こしにくくすることができます。

花粉症もアレルギー疾患のひとつなので単に部分的な症状として捉えるのではなく最終的には体質的な問題を改善していくことが必要です。

また、古代医学書に「キュウ鼻(きゅうび)」という言葉で記された疾患があり、その症状は「突然に鼻がムズムズし、くしゃみが止まらず鼻水が流れる」とあります。したがって花粉症とまではいかないがアレルギー性鼻炎というのはかなり昔からあり、それに対する治療法もかなりありました。このキュウ鼻といわれる花粉症、アレルギー疾患は、その前提として、体質・体調が悪いために、体に歪みが生じ、ひきおこされると考えられています。そのため、体質を改善して症状を押さえようというのが、花粉症の鍼灸治療の基本です。

鍼灸治療の効果

花粉症の鍼灸治療の効果については、体質改善のための全体的な鍼灸治療の他に、花粉症に有効なツボを刺激することによって、クシャミ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどの症状が改善します。

鍼灸治療は花粉症の時期が終わっても続けることが最大の秘訣です。長期間の治療を続けることで花粉症の体質を変えていくができます。

鍼灸治療に効果的な時期

初期治療は「花粉が飛び始める4週間前から」始めるのがいいと言われています。

花粉は2~3月に飛ぶと思われていますが、実際はわずかながら冬のあいだに飛び始めています。 12月~1月に治療を開始し、あらかじめからだの免疫力を向上させIgE抗体の生産を抑制するのが効果的です。

花粉症がひどくなり、薬の副作用の眠気が仕事に支障をきたしたり、アレルギー症状が強く日常がかなり不快になった状態の方には、不快な症状に対して即効性のあるツボを利用し、なおかつ、免疫力向上の治療を施すことにより2~3回の治療でかなり効果が改善されます。

花粉症のツボと効能

花粉症治療イメージ

上星鼻づまり・目の充血
印堂さらさらした鼻水
鼻通くしゃみ・鼻水・鼻づまり
迎香くしゃみ・鼻水・鼻づまり
承泣目のかゆみ

花粉症の予防

  • 皮膚を鍛え、ストレスをなくす
  • 花粉期は外出を控える
  • 外出の時はマスク、眼鏡、帽子、マフラーを着用
  • 花粉を家の中に入れない
  • バランスのとれた食生活に改善しましょう
  • たばこやお酒、刺激性の強い香辛料などの摂取は控える

花粉症治療イメージ

花粉症Q&A

花粉症の良い治療法教えて

花粉症治療イメージ

私は花粉症と診断されており、毎年春になると3、4月頃は特に鼻炎の症状に悩まされます。 とにかくクシャミが立て続けに起こり、鼻水が止まらないのです。いつもこの時期は頭の前方が重くて常に鼻が詰まっている感じがします。そして喉の奥のほうまでかゆくなるようで気持ちが悪いです。 私は幼児期からアレルギー体質で、食品の種類によっては皮膚に発疹が出たり発熱したり、おなかをこわすこともあります。腹痛や吐き気が強く、深夜に救急病院に運び込まれたこともありました。 さらに、これも毎年のことなのですが、秋になればその季節の終わり頃から、喘息の発作が起こります。 医師からは決定的な治療方法はないというように宣告され、毎日とても憂鬱です。 このまま一生改善の見込みも無く過ごしていかなければならないのでしょうか? 何か他に良い治療方法があれば、是非教えてください。

京都府 M・J 21歳 女性

内分泌ホルモンバランスを整え、水分代謝、血液循環を調整して抵抗力をつける。

花粉症治療イメージ

アレルギー性疾患によって、相当つらい日々をお過ごしの様子ですが、このアレルギーと言うのは、生体内での抗原抗体反応が免疫(生体防御)としてではなく、病的な現象となって現れたものを指します。 アレルギー反応には広義的に即時型アレルギーと遅延型アレルギーに分類されますが、じんましんや、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などはすべて血中抗体を介するもので、前者に属します。花粉症というのは、特定の季節に鼻水や流涙などアレルギー性鼻炎の症状が現れることが特徴で、花粉がその主な原因とされています。 中医学では、こうしたアレルギー性鼻炎などの症状に対しては身体の「水毒」(体液の循環・代謝障害)による変調という見方をして治療を進めます。特に内分泌ホルモンのバランス、水分代謝を整え、血液粘度を正常に改善させることで循環調整を行い、身体内部から抵抗力をつけていくことが大切です。 養生法としては、特に食事に配慮し、毎日新鮮な野菜や果物を十分に取ること(ビタミンCは不可欠)。そして血液・体内水分浄化のため、熱いジャスミン茶を欠かさず、多めに飲むように心がけること。睡眠不足に注意し、夜更かしや過労を避けてください。 鍼灸治療では、賛竹・迎香・風池・天柱・足三里などが身体の状態によって使われています。 鍼灸の利点として、副作用が無い治療になります。薬アレルギー・薬恐怖症の人には絶大な信頼を得ています。 そして、当院ではその安全性・衛生面も確約できますので、安心して御来院ください。

当院独自のオーダーメイド治療

当院では、マッサージ、整骨、鍼灸、カイロプラクティックを組み合わせた全身治療を推奨しておりますが、患者様の症状に合う最適な治療法相談しながらご提案していきます。

オーダーメイド治療
TOPへ戻る